声優

河野ひより インタビュー③─ 「期待以上のものを実らせていきたい」

ここからは大好きだというアイドルについて語ってもらいました。

自身も表現者として活躍する河野さんは、どんな「アイドル観」を持っているのでしょうか……?

アイドルがお好きとのこと。ぜひ魅力を語ってください!

アイドルさんは、やっぱり自己プロデュースが大きなお仕事じゃないですか。

自分をどういう風に見せるかとか、自分の持っている要素の中で、どこを特に際立たせて表現するかとか、それもどんな見せ方をするか、あの手この手で自分を華やかに見せているところがすごくクレバーだなと思っています。
アイドルさんってキラキラした世界の中に立っているように思っていたんですけど、誰よりも自己分析をしているなって。

今時のアイドルさんって結構大人数の中で活動されることが多いじゃないですか。
だから個を重んじつつも、集団としての総合芸術をどう見せるか。

自分がパズルのピースの1つでありながら、自分1人でステージに立ったときに、どんな自分でいるかっていうのをたくさん考えているクレバーさが、ちょっと見方を変えると、女の子らしいあざとさであったり、お仕事に対してすごく真剣に向き合っている真面目さであったり……。

いろんな面を見せてくれるし、想像させてくれるんですよ。
それがもう、アイドルっていうコンテンツの芸術なんだって思っていて。
人間の生き様を芸術にまで昇華してしまう、しかもあまり年の変わらない女の子が、みたいな……そこに儚さとエモさを感じて、「俺が見守るぞ」みたいな気持ちになっちゃうんですよね(笑)。

私はモーニング娘。’19さんがすごく好きなんです。

結構箱で推している(=グループ全体を応援している)ので、曲とかその時々によって
「この子の魅力が今熱いぞ」みたいなのが変わったりするんですけど、今好きなのはチェル(野中美希)さん。

この子がまたすごく頑張り屋さんで。
12期のメンバーの中で一番バランサーというか、縁の下の力持ちみたいなイメージがこの子に対してあったんです。

でも最近は後輩が出来たこともあってか、前へ前へ行くためにはどう自分を見せていったらいいか、みたいな野心が焚きつけられてきたのを感じていて、
「野中美希、次来るぞ。チェル頑張れ」って思っています。

本日撮影した写真の中から、お気に入りの1枚を教えてください!

かなり迷ったんですけど、これです!

ファンの皆さんにメッセージをお願いします!

私が河野ひよりとして、自分がどういう人間かを掘り下げて捉えることができるのも、明日も明後日も頑張るぞと思ってお仕事が出来るのも、周りの人の声と言葉のおかげです。

本当に私に声をかけてくださる方って、あったかい人とか優しい人がすごく多いんです。
なのでそういう人が応援してくれている自分に誇りが持てますし、そういう人たちを大切にしていきたいなって思ってます。

私がお仕事をする上で褒められることがあるのであれば、全部周りの人のおかげだなって思うので、マネージャーさんやスタッフさんもそうですし、何よりファンの皆さんが応援してくれているおかげで、私という木はメキメキと育っていくことが出来ます。
どうかこれからもひとつ愛のあるお水をいただければ、その期待以上のものを実らせていきたいと思っておりますので、暖かく見守っていただければ嬉しいです。

いつもありがとうございます!

今回のインタビューでは、お仕事について語る真摯な姿と、好きなものや好きなことについて目を輝かせながら語る天真爛漫な姿の両面を見せてくれた河野さん。

どちらの面においても自分なりの考えをしっかりと確立しており、この芯の強さも彼女の魅力のひとつなのだろうと思わされました。

これからもそんな「河野ひよりらしさ」に磨きをかけながら、声優としてさらに飛躍していくことでしょう!

河野ひより(こうの ひより)

FIRST WIND production所属。

河野ひより プロフィール

河野ひより Twitter

ヘアメイク:小菅美穂子(Sweets)

1 2
こちらの記事もおすすめ!